脂肪を破壊するキャビテーション痩身についてこちらのサイトで紹介しています。

キャビテーションvsサーモシェイプ

こちらでは、キャビテーションとサーモシェイプを比べる方法で、どちらのほうが効果的な痩身エステなのかを検証したいと思います。

「サーモシェイプ」ってどんな施術?

サーモシェイプの痩身効果とは?ラジオ波を利用して脂肪に熱を持たせ、新陳代謝を活発にする痩身法です。簡単に言うなら、電子レンジとまったく同じ仕組みですね。

もちろん、耐えられないほど熱くするわけではありません。サーモシェイプではだいたい42度くらいの温度で皮下脂肪を熱するのです。

安全な範囲内で高い温度といえる41度を保つと、血液のめぐり・老廃物の排出・脂肪分解といった身体の働きが非常に活発になります。

そして、1度その状態になると、熱を加えるのを止めても一定期間は普通より痩せやすい体質が持続するんです

だいたい、サーモシェイプを行ってから14日くらいかけて少しずつ痩せ続けるようですね。

要するに、急速に身体を温めることで脂肪を溶かすわけです。しかし、脂肪分が溶け出すだけで脂肪細胞の数そのものは変化しないため、リバウンドが起きる余地を残してしまうのが欠点。

熱による刺激は、コラーゲンの生成を促すとも言われており、サーモシェイプには多少のアンチエイジング効果も見込めるという意見もあります。

キャビテーションvsサーモシェイプ

キャビテーションがその場で一気にサイズダウンを狙える痩身術であるのに対し、サーモシェイプは痩せやすい体質を一定期間にわたって持続させる作用があるということになります。

ただ、キャビテーションは脂肪細胞の数を大きく減少させる性質があるのでリバウンドの可能性がありませんが、サーモシェイプは普通のダイエットと同じ原理でサイズダウンするので後からリバウンドする可能性は減らせません。

これが“脂肪細胞を直接叩くキャビテーション”と“あくまで内部から脂肪を燃焼させるサーモシェイプ”の違いです。

また、表面で脂肪が凝り固まったセルライトを除去できるのはキャビテーションだけで、サーモシェイプにはその力はありません。

ただし、身体の内側にある“深い位置の皮下脂肪”や“内臓脂肪”に対しては、サーモシェイプのほうが有効に働く場合もあるようなので、体質によっては選択の余地があるでしょう。

“ダイエット効果についてはキャビテーションのほうが優れている”という結論に達しました。

最新の痩身エステ!キャビテーション完全ガイド