脂肪を破壊するキャビテーション痩身についてこちらのサイトで紹介しています。

キャビテーションvsアーユルヴェーダ

こちらでは、キャビテーションとアーユルヴェーダを比較する形で、どちらがより効果的な痩身術なのかを考えてみたいと思います!

「アーユルヴェーダ」ってどんな施術なの?

キャビテーションvsアーユルヴェーダ 複雑にブレンドされた多数の生薬とオイルを用いたマッサージ方法です。

5000年もの伝統を持つインドの伝承医学で、サンスクリット語で「アーユル」は生命、「ヴェーダ」は知識を意味するそうです。
人類の長い歴史の中でも、古代ギリシャやペルシア、チベット医学など、多くの医学にも影響を与えたと言われ、現在も西洋医学を補完する意味合いで広く伝承されています。精神・肉体・環境など全体の調和が健康維に不可欠…といった考え方に基づく予防医学です。

体を構成しているエネルギーを「ドーシャ」といい、ドーシャの乱れが病気に繋がるという考え方です。
ドーシャには、「ヴァータ」、「ピッタ」、「カパ」の3種の生命エネルギーがあり、健康状態ではこの3つのバランスが取れていて、このバランスを保つことが健康の維持・増進に繋がるそうです。そして、正式なアーユルヴェーダはWHOのお墨付きもあるれっきとした医学の一大体系なのだそう。ただ、医学伝統あるアーユルヴェーダですが、日本で一般に広まっているものは、インド式の美容法の一つという意味合いが強く、エステでのオイルマッサージが多いようです。よく行われる眉間にオイルを垂らす施術は、「シロダーラ」と呼ばれるそう。他に、発汗とともに毒素を排出するリンパマッサージや指圧マッサージなどもあります。多数の生薬とオイルを用いた全身マッサージにより、デトックス効果や痩身効果が得られるそうです。

キャビテーションvsアーユルヴェーダ

正式な“医学としての” アーユルヴェーダには科学的根拠や確かな実績があるものと思われますが、エステとして日本で広まっているアーユルヴェーダには、正直疑問が多く残ります。正式なものであれば、「医療行為」にあたる施術もあり、そもそもエステで取り行えるものではないですから…

オイルなどを用いた全身マッサージには、リラクゼーション効果やデトックス効果、そして痩身効果もあると思いますが、脂肪細胞に直接働きかけるキャビテーションに比べると、効果はあいまいな印象です。
デトックス効果やリラクゼーション効果に関しては格別かもしれませんが…。
アーユルヴェーダを掲げたエステであっても、実際の中身は様々なようなので、興味がある方は、エステ選びには慎重に、しっかりと下調べした方がよさそうです。

“確かなダイエット効果についてはキャビテーションのほうが優れている”という結論に達しました

即効性があると話題の痩身エステ、キャビテーションとは?

最新の痩身エステ!キャビテーション完全ガイド